『ねこタン』問題の最近の記事

2010年1月 4日

『ねこタン』改め『ねこニャン』その後

なかなか本が見付からず、そうしているうちに仕事が忙しくなってすっかり更新が滞ってました。
正月休みを利用して、溜まってたネタを順次。

まず、大洋図書『ねこニャン』。発売から何ヶ月かして、やっと中身確認。
何しろ自分が行く本屋行く本屋どこにも無いものだから(最初に『ねこタン』を見掛けた本屋にも無かった)、まるで避けられている気分になったほど。

中身は、まあ普通の猫写真本でしたね。コメントのセンスは相変わらず自分には合わないけど、そこは人好き好きなので。1号目でああいった安直で失礼なことをしでかさなければ、昔ながらのネット猫コミュニティを怒らせることもなかったろうに。

笑ってしまったのが、前のエントリでneko-tan.comを棄ててもneko-nyan.comには移れないよね? と書いたけど、nyanneko.comに逃げていたということ。無理矢理感。
そしてコンテンツ中の「neko-tan.com」を「nyanneko.com」に単純置換するという大雑把な引っ越しをしたせいで、「『ねこニャン』でも画像盗用してます」宣言状態だということ。


http://nyanneko.com/i/announce.php

(2009/5/14に取っておいた魚拓)
http://s04.megalodon.jp/2009-0514-1354-03/www.nyanneko.com/i/announce.php

(2010/1/4時点のページ内容)
nekotan_replaced_to_nekonyan.jpg


尤も、投稿者全員に書籍掲載の許諾を得たわけではないことが『ねこニャン』の中ほどのページの告知から窺えるので、ミスではないのかも知れない。本の中でも連絡先ドメインはneko-tan.comだった。

2009年3月 2日

『ねこタン』第2号は『ねこニャン』に名前を変えて3月10日発売

http://neko-tan.com/i/

<marquee>ねこたん2 <font color="#0000ff">3月10日</font></a>発売決定!! 誌名はねこニャンにリニューアル!!</marquee>

『ねこタン』の検索結果から逃げるためかね?
でもドメインはそのままだよねきっと。neko-nyan.comはspammerが使っているし。

ちゃんと・誠実に・丁寧に・皆に見えるように、やるべきことをやっていれば、「始まりはひどかったけど、最後は丸く収めたね」でまとまる話だったろうに。
イニシャルマーケティングコストをケチって、ネットの猫好き(の特に先駆者たち)の善意を踏みにじって、何も知らない猫好きをエロ本に誘導した広告収入で食べるご飯はオイシイデスカ?

2008年8月28日

Google Suggestで『ねこタン 盗用』が出る件

大洋図書『ねこタン』のネット画像盗用問題については、水面下で動いている方がいらっしゃるので、邪魔にならないよう言及を控えているけれど、もちろん忘れてなどいませんよ。

Vol.2が準備中であることも、「編集部の猫日記」が相変わらず全然更新されないことも、チェックしているし。

というような話を、風化させないために、前回のエントリから半年(もしくはVol.2刊行)のタイミングで書こうと思っていたのだけれど、旬のネタを拾ってしまったので、今書いてしまおうという話。


当ブログの当該エントリには今も「ねこタン 盗用」といったキーワードで検索して来られる方が1日数件ペースでおり、たまには大手出版社ドメインからのアクセスもあったりする。

そうした皆さんの検索行動の結果がこれ。

20080828_GoogleSuggest.jpg

cf. 「Google サジェスト」、グーグルのホームページ上でも提供開始


ゆっくり検索していってね!!

2008年5月21日

遍在化するネット猫たち

以下の文は、1つ前の「盗用被害の証明の難しさ」の時点で既に書いてあり、冗長になり過ぎるのを避けて分離した部分だったりする。


画像・動画の盗用被害に際して、コミュニティの証言が一定の裏付けになるんじゃ? と考えてみた。「この人はこれまでずっと、この猫の色んな姿をここに投稿してきた。リクエストに応えてくれたこともある。飼い主でないとは考えられない」みたいな。

でもこれとて絶対ではないよね。転載を繰り返す中でオリジナルの所在を知らない人が多数派になることなんて、いくらでもあるわけで。

手近な例として、

  1. YouTube - Kitten Gets Owned 私の知る範囲での初出、'07年10月
  2. 勝手に寝るぬこ‐ニコニコ動画(SP1) 「拾い物です」、'07年12月
  3. YouTube - 勝手に寝るぬこ 「ニコニコ動画より」、'07年12月
  4. 一瞬で寝るネコ‐ニコニコ動画(SP1) 「遊んでいたのに、即寝ます。」、'08年1月

日本で一番知られてるのは、きっと2.か4.だよね。
2.には「拾い物」とあるから、ああどこかからの転載だろう、というのはわかるだろう。
でも転載元の情報が無いから、3.でわざわざYouTubeに転載する人が現れている。
4.は転載と一言も書かれていない。3.を持って来たなら、ニコニコにあることはわかっている筈なので、多分1.を持って来たんだろう。

それぞれの再生数だが、

  1. 228,136
  2. 174,798
  3. 10,673
  4. 153,484
となっている(2008/5/21 22:30現在)。
ニコニコに上がっている2本の再生数に殆ど差が無い。たまに4.の方が2.よりランキング上位に来ていたりもする。

つまり、YouTubeからの転載であることを知らない人がたくさんいて、今も増え続けているということが言えるんじゃないかな?
コミュニティの中での情報劣化の例ということで。


もちろん日付を見れば最古のものがオリジナル候補になるけれど、本当にオリジナルかどうかはわからない。というか、この動画に関するなら、多分1.もオリジナルじゃないと思う。投稿者がYouTubeに上げている他の動画に、猫が写ったものが無いから。



と、ここまで書いて1週間放置していたところに、新たな出来事があった。

とっても幸せそうな猫の写真 | IDEA*IDEA

アルファブロガー界隈にその人ありとされる百式管理人・田口氏のブログで、タローたんのコラ画像がでかでか紹介。ペットうp板の住民からは「またか」と言う声しか返って来ないであろう、有名な画像。

光の速さ(大袈裟)でツッコミコメントを入れたけれど承認制なので、誤解が拡散するのを少しでも防ぎたくて、はてブでもコメントしておいたり。 (実際、ブログのコメントが承認・公開されたのは翌日になってからだった)

署名見て分かると思うけれど、これが私のコメント。

これ、有名なコラ画像です。
オリジナルはこれ。
http://www.ownerpet.com/up/u2/read.php?q=68&s=1&p=6
コラを初めて見たのはふたばだったと記憶していますが、初出かどうかはわかりません。
「ちょうど微笑んでるとこが撮れました!」と飼い主を騙って猫自慢コーナーに投稿する人が後を絶たない、曰くつきの画像です...。

これ以外にも、ペットうp板発で加工されて海外に出回っているものが幾つかあります。これが犬にキックかましている画像とか、見覚えありませんか?
http://www.ownerpet.com/up/u2/read.php?q=136&s=1&p=948


当たり前だけれど百式管理人とて万能ではなく、そしてこのコラ画像がまた出来がいい。ちょっと見ただけでバレるような荒い加工はしていない。いや、猫がこんな目と口するわけねーだろ、っていうツッコミはもちろんあるだろうけど、レタッチ荒れという意味で。

はてブのコメント欄見ても、騙されている人多数。

それが現実。


元々、オリジナル画像はうp板以外で滅多にお目にかからない。(私がコラ画像を最初に見たねこ@ふたばのスレッドでは、オリジナル画像があって、その少し後にコラ画像があったけれど、初出かそれに近い時期だったんだろう)

コラ画像の方は2chでAA化されるほどに知られている。


で、だ...。
もし、「これはコラだよ」「度々トラブルになってるよ」とツッコミを入れられる人がいなくなったら...?

今回たまたま、私はこのテーマで調べ事をしていたから、すぐにオリジナル画像の所在と、ついでにこれまたよく加工転載されている(『ねこタン』か『バカ画像MAX』か忘れたが、どっちかの無断転載本にもあった筈)グレスケのジャンプ画像まで引き合いに出すことができたけれど、単純に「これコラだよ」だけだと信じて貰えなかったかも知れないよね。
なまじコラの腕がいいだけに。

そして、出所を知らない人だらけの世界で、私のような人間は「折角の面白画像に難癖を付ける野暮な奴」になってしまうんだろう。


斯くして猫達はネット上で永遠の命を得るのと引き換えに、愛する飼い主の元を離れて行く。


それが残酷だと思うなら、オリジナルを(=猫と飼い主の日々を)尊重する手立てを考えないといけないと思うんだ。


(そして妙案募集中のまま続く!)

2008年4月29日

『ねこタン』『バカ画像MAX』に見る著作権意識の低さ

「『ねこタン』問題」カテゴリを作ったに頂いたコメントに返信を書いていたら、独立エントリにした方がいい気がしてきたので。
(チンさんへの返事はコメントでしてありますので、ひとまずそれで。先の展開はもう少し仕込みの時間が必要です。)

読 (2008年4月27日 13:16)

初めまして。 法律の話は難しいですが、 法が犯されると弱い者が泣くということはわかりました。

個人個人では事案に割ける時間も金も足りませんし、違反のペナルティを気にしない輩には痛くも痒くも無いですからね。
むしろ、「生真面目に法を守っていたら食って行けないよ!」とか言ってそうな気がします。

あなたの後ろに名無しさんが・・・ (2008年4月28日 22:37)

主様はじめまして。

過去、主に2ちゃんねる方面で起こった同様の事例をいくつか見てきましたが、 事後策にせよ短期間のうちに出版社側から著作権料を支払うという意思を引き出させたのは、 過去の例に照らすと実は大きな前進なのではと思ったり。


難しいのは、みんなが求めているのはカネじゃないんですよね。多分。

(おそらく「のまネコ」始め2ちゃんねる方面で起こった事例でもそうだったと思いますが、)今回みんなが一番問題視しているのは道義的な部分で、要するに大洋図書は元画像(と、それにまつわる飼い主・掲示板住民)に丸で敬意を払っていないように感じられるんです。でなければ、連絡・許諾申請・出典明記していたでしょう。

そんな輩に、著作権使用料と引き換えに一定の利用を許す人は、あんまりいない気がします。

だから、大洋図書・ねこタン編集部が最初にやるべきことは謝礼の提示ではなく、「ごめんなさい」だったと思うんですよ。ホント。

私は先のエントリでカネに換えて怒りましたが、これはあくまでビジネス視点から見た時の考え方です。ストレートにカネ払えと言っているわけではなく、それだけの額に相当する失礼を働いてるんだという話です。で、ビジネスはカネで片付けられますが、今回大洋図書が誠意を見せるべき相手は個人です。
多分、カネを受け取るより、向こう数号への反省文掲載と、浮かせた費用分を地域猫運動に寄付するとかした方が、喜ぶ人は多いと思います。そこはまぁ弁護士立てて取りまとめた方がいいですけどね。個別交渉は相手の思う壺ですから。


と、ここまで書いてふと気付いたけど、neko-tan.comに新たに投稿された画像の著作権の扱いって、どうなってるんだろ。
サイトには、「個人情報は頂くよ~。有効に使わせてもらうよ~」という記載があるだけで、投稿画像の著作権についてはどこにも書かれていない。

もしかして、またおいしく利用する気?

とも考えたけれど、その一方で、当たり前の部分がちゃんとできていないのは、そういうレベルの人達が本を作ってるってことなんじゃ? という気もしてきた。要するに、

根本的に著作権意識に欠けている

っていうこと。

この手のことって現場で教わるか研修受けなければ身に付きにくいので(あとは今回のように「身体で覚える」とか(笑))、企業体質としてそうなのかも知れない。


そんなことを考えたのは、同じくネット掲載画像の無断転載だらけで作られたらしき『ゴー!ゴー!!バカ画像MAX』(K.K.ベストセラーズ)に絡む一件があったから。

この本にも、ペットうp板ねこ@ふたば発の画像が無断掲載されている。
立ち読みでぱらぱら確認した範囲で、タローたん、クマゴロー、ぷねくち。あと、ゲームパッドを持って座っているスコの画像。これ飼い主さんが確かブログかFlickrで公開していたよね。

ネットから拾ったと明記しているだけ、『ねこタン』よりは少しだけ正直だけれど、飼い主さんの承諾を得ていなければ結局意味無いよね。

この本のライターが自身のブログで、

本を出したので、買ってください。 本、出ました!

タイトルは
「ゴー!ゴー!!バカ画像MAX」

(著:村橋ゴロー・CURCUS編集部・
KKベストセラーズ刊)

街ネタ、テレビ、看板......など700点
あまりのバカ画像を集めまくった、
偏差値4のくだらな本です!

......それが、たったの500円!?
お安いわぁ~!

ってことで、全国書店・コンビニで
絶賛発売中! 

買ってくだちゃい!!

と、いかにもウキウキした感じで書いていた。
まるで問題を認識していない。

で、著作権侵害指摘コメントが付いて程無くエントリごと削除された。

すぐエントリ消さなきゃならないような後ろめたい本なら、ブログで世界中に発信しなさんな。


何というか、著作権意識が低すぎる。法律云々以前に、著作者に対する敬意というものが存在していない。としか思えない。
同種の事例を短期間で幾つも目にすると、これが底辺出版社全体の"常識"なんじゃないかと、危惧してしまうわけで。


関係者全員、2ヶ月ぐらい日勤教育受けた方がいいんじゃないですかね。

2008年4月26日

「『ねこタン』問題」カテゴリを作った

実は少し前に作って、エントリ移動済み。

Dun Cait: 『ねこタン』問題アーカイブ


と、これだけではネタ的に寂しいので、何故自分がこの件を問題視し、観察日記を続けているか、手短に書いておこうと思う。埋め草ってやつ。


私が一番怒っているのは、マーケティングコストをケチるためにネットコミュニティを踏みにじったこと。

マーケティング業界には、新規ユーザを1人獲得するのに幾らかかるか、という集客コストの目安がある。これ結構高いんだわ。広告ってのは、マンボウの卵みたいなもので、ばら撒いてばら撒いて客をたくさん集めて、1000人2000人に1人しか定着してくれない世界だから。(だから、比較的安上がりな上に費用対コストが可視化される検索エンジンマーケティング、所謂SEMがもてはやされたりしてるんだわ。これも広告代理店が群がってきてどんどん金かかるようになっているけど :-p)

で、この本は、明らかに、画像を盗用することによって、初期集客コストを圧縮した。

そう考える理由として、ペットうp板の議論スレに書いたことを引用しておく。

元々、編プロなど外部の暴走を版元がチェックできなかった可能性を考えて、 ドメイン情報をチェックしたんですよ。
そしたら、大洋図書名義で取得していて、しかもいきなり3年契約。

ああ、これは最初から会社としての企画で、しかも長く続ける気だな、
第1号のための投稿を集めるのが最も大変だから、ネットの荒波で選りすぐられた
画像を盗用して客寄せ号を作って、投稿バンバン呼び寄せてシリーズ化する
肚だなと理解しました。

※「neko-tan.com」ドメインのことね。

コンビニで手に取って喜んで買っちゃう人、『ねこタン』サイトにアクセスする人、自分ちの猫の画像を投稿する人、これらの獲得に、盗用された画像、および、盗用されたコメントの果たした役割は小さくない。ぶっちゃけ、丸々全て盗用物のおかげだよね。

今回獲得できた客の数を、通常のマーケティングコスト計算式に当て嵌めたら幾らになると思う?
部数とか投稿者数がわからないから、私には計算できないけど。


結局カネの問題かって? 違う。私は今回の著作権侵害の直接の被害者ではないもの。
通貨はあくまで、世の中の色々な物事の手間とかありがたみとかそういうものを数値化するための仕組み。
カネをケチったってことは、そのカネに換算できる程度の労力――今回だと、画像掲載の許諾取り付けとか、そのための著作権者探しだとか、そういう、元画像を取り巻く色々な人たちに筋を通すことが、宣材制作コストって言っていいよね――をケチったっていうこと。


出版業界とネット業界で足掛け20年近く過ごしてきた(そしてB2Cモデルの大変さを知っている)自分には、この不誠実さが堪らない。

もちろん、6年来ペットうp板に出入りしてるから、憩いの場を踏みにじられた一人でもあるね。


一方で、何度か書いている通り、こういった「携帯 + コンビニ本」のようなあり方を必要としている人達は存在する。そうした人達を掬い取って貰いたいとも思っている。

今の出版業界には、誠実な手段で集客できるだけの体力が無くなっているって言いたいのかも知れないけど、頭使わないで泥棒商売やってる限り、ずっと裏街道だよ。

2008年4月25日

「編集部からのお知らせ」という茶番

1つ前のエントリ

『ねこタン』サイトの掲示板消滅

で書いたようにBBSが消えたと思ったら、
新たに

編集部からのお知らせ
http://neko-tan.com/i/announce.php

というのが生えてきた。

どうでもいいけど、IEだとエンコーディング判定にしくって白ページになることが多いよね。
IEはエンコーディング間違うとそうなるので、白いと思ったら [表示] - [エンコード]の下からシフトJISとかUTF-8とか色々試してみるといいよ!
ちなみに当該ページはUTF-8。

ソースに

<meta name="robots" content="noindex, nofollow" />
とか入ってるのがまた楽しい。これは検索エンジンにクロールやキャッシュをさせないぞという指定。


で、このお知らせの中身だけど、突っ込みどころ満点だよね。

今回、弊社から出した『ねこタン』で使用した画像の中に原著者の所在がわからない画像がございます。

わかってるものって、あるの?(笑)
というか、ネットから拾ったんでしょ? どうしてそこで訊かなかったの?
ダマで拾って使う気満々だったってことでしょ?
もしかして、今回抗議して来た人たちなら「わかってる」ってこと?
とか。

ねこタン編集部では個々に対応していきたいと思いますのでお手数ですが下記のアドレスまでご連絡ください。

弁護士取りまとめお断りってことですか。
切り崩しだよね、これ。

そう取られてもおかしくないと思わない?


最初に必要なのは、「ごめんなさい」だよね? よね?

『ねこタン』サイトの掲示板消滅

ここ数日「うちの猫の画像を勝手に使うな」メッセージで埋まっていた

ねこたんBBS
http://neko-tan.com/cgi/bbs/imodebbs.cgi

の消滅を確認。


今日に入ってから、

無断転載された方

投稿者:[みるく]
投稿日:2008/04/25[Fri]00:08

お気の毒と思います(艸д+。)
けど編集に届くメールが、いかにも飼い主を騙った内容でしたら判別はつかないと思います(_ _)
この書き方だと、さも編集の方が悪用した風で切ないです...
私はウチの飼い猫をコツコツ投稿してますし、そんな方も沢山いらっしゃると思います。


という投稿があったので、昼につい出来心で、そうではないよと懇切丁寧に解説する文章を書き込んでしまった。
それに対する返事がすぐあって、

投稿者:[みるく]
投稿日:2008/04/25[Fri]12:59

知らなかった(艸д+。悲)
このサイト、前からあるのかと思ってました
ねこタンも、なんか雑誌の増刊とかだと思って疑っても無かった...
どこまでが真実かは当事者じゃないので解りませんが、もう投稿とか止めた方が良いんですかね?


私がこれを確認する時点まではまだBBSは存在していたと。
だから、消えたのは14時~17時の間のどこかということになる。

[4/26 17:00追記] コメント欄でウェブ魚拓のタレ込みをいただいた。15時半までは残ってたんですね。追記おわり。

えーともしかして、掲示板消す原因作っちゃいましたかね? 正直スマンかった。


せっかく頑張って書いたものが消されちゃってもったいないので、BBSの文字数制限に合わせてちょっと削ったり分割したりする前の原文をここに置いておきますね。

「neko-tan.com」というドメインが作られたのは、今年の2月末です。つまり、ここの投稿窓口がオープンしたのはどんなに早くとも3月以降です。
4月の頭には本になっていますから、入稿・製本のスケジュールを考えれば、第1号のための受付期間なんてありません。あれだけの投稿が、飼い主を騙る大勢の人から届くことは不可能です。

みるくさんはどうして画像を投稿しようと思われましたか? ねこタンを読んだからですよね。中身が楽しかったからですよね。自分の猫もそうして面白いコメントを付けてもらって、みんなに見てもらいたかったからですよね。

この本は、そんなみるくさんのような人たちをキャッチして、新しい投稿を集めるために、本来はサイトオープンの宣伝などに充てるべきコストをかけず、これまで何年もかけてネットに蓄積されてきたおもしろ猫画像を盗んで、第1号を出すことで、宣伝に換えたのです。みんながネットの片隅でわいわい楽しくやっていた交流の場と、飼い主さんたちの善意を踏みにじったのです。

だからみんな、怒り、哀しんでいるのです。


ただ、まぁ、それとは別に、携帯メインで猫画像交流を楽しみたい人の受け皿は必要だなと思った。この「みるく」さんという人も、携帯で書き込んでいたので。

そういう意味では、『ねこタン』の狙った市場そのものは外れていないし、コンビニ本との連携というのも悪くないと思う。それだけに残念。

2008年4月22日

『ねこタン』無用術

盗用画像本『ねこタン』
盗用画像本『ねこタン』 その二
の続き。


『ねこタン』のような著作権侵害本の売上に貢献しちゃわなくても、このへん見て回ってれば大抵の面白猫画像には出会えるよ、的なサイトを幾つか挙げておくテスト。

自分の猫自慢もしたいなら、今回の盗用被害の中心地にもなった、この2ヶ所だと思う。独断と偏見に基づくコメント付きで並べると、


ペットうp板


  • スレッド式で色々な切り口(模様、仕草、特定猫、etc.)ごとに進行

  • 動画も上げられる

  • コテハン追っかけできる機能もある

  • 画像が長期保存されている

  • この規模で個人運営ですよ。ありがたいことです

ねこ@ふたば

  • オリジナルあり、転載あり、コラ画像あり、毎日がカオス

  • ある程度経つとスレッドが掃除されるので、リアルタイム性高し

  • 時々荒らしがグロ画像置いて行くので、心の準備が必要なこともある

  • でもそれに勝る個性的な猫たちがいると思う

  • 転載とかコラは著作権侵害だろって話もあるが、営利目的じゃないということで...

前のエントリで「猫好きに悪い人はいない」と書いたが、どちらの掲示板も猫好きの集まりだから、もちろん例外でない。飼い主や猫の名前をずっと覚えてくれている人もいるし、飼い主も他の人も一緒に盛り上がっている感がある。と思う。
一方通行な上にどこで画像使うか知れたもんじゃない企業(それもエロ本出版社)の投稿サイトよりは楽しめるんじゃないかなぁ。

2ちゃんねるテイストがあるので、苦手な人は苦手かも知れないけど、顔文字だらけの薄っぺらなメッセージ交換よりは中身があると思う。
と書くと2ちゃんねるの肩持ってるように見えるかも知れないけど、個人的には2ちゃんねるの"無責任な匿名"は趣味に合わないから。実名入りprofileが当然だった時代のネットユーザなので、今でも「名無し」に隠れた言論には馴染まない。それでも評価しているほどのコミュニケーション空間なんだと思って貰えれば。


とりあえず面白猫画像が見たいなら、

pya!

で「nya(猫)」のタブをクリックしてればいいんじゃないかなぁ。ここで高評価のやつ見てれば短時間でハズレは無いと思うよ。


もう少し猫画像巡りの時間がある人は、

everything is gone

かーずSP

といった個人ニュースサイトにちょくちょく「猫」セクションのリンクができるので、毎日チェックしてるといいと思う。

リンク先が面白そうなサイトだと思ったら、そこもお気に入りに追加して、時々見るようにすればいい。自分もそうやって、

猫式訓練所

ねこ様NEWS

タクミノセカイ。(最近更新が無いので、アーカイブ参照)

等の猫画像紹介ブログを見つけた。そこからさらに引用元を辿る。以下繰り返し。


2chまとめブログの ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2ndアルファルファモザイク も猫好きらしく、ちょくちょく猫ネタが取り上げられる。

例)
「本当にたまげた猫」 ネコの駅長室完成 和歌山:ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd

4代目タイガーマスク:アルファルファモザイク


携帯メインの人は...専門外なのでよくわからないけど、
ペットうp板の一番下に、

携帯用ぺっとうP板: 授業中/電車の中等の暇つぶしにどうぞ
http://users72.psychedance.com/up/u2/i/
ドコモたぶんFOMA900以降端末だったらOK
AUたぶんWIN機だったらOK
SBMたぶん3G端末だったらOK
とあるので、とりあえずうp板でいかが。
[訂正]psychedance.comドメインは既に失効、新ドメインの当該階層は403だった><


あとはPCも携帯も、ニコニコ動画で猫動画見るとかですかね。(※ただしパケホーダイ必須)

たわしねこ可愛いよたわしねこ

ねこ鍋」も、ニコニコ動画で盛り上がったのがそもそもの始まりだし。子猫達の名前も、飼い主さんがニコニコ上で募集して、みんなに付けてもらったんだよね。

コメント頂いた通り、ふちゃぎん家もおすすめ。エリザベスたん頑張ったね


知らずに大洋図書にカモられちゃった人は、これを機会にめくるめくネット猫画像の世界へ首を突っ込んじゃう方向でひとつ。




[4/24 12:45追記] URL幾つか追加。

あと、ニコニコ動画のID持ってない人は↓で。
はてなブックマーク - たわしねこ1
はてなブックマーク - たわしねこ2
はてなブックマーク - ねこ鍋
はてなブックマーク - ふちゃぎん家の日常 Vol.65 「三本立て」
はてなブックマーク - ふちゃぎん家の日常 Vol.61 「ろー...? ろー!」

盗用画像本『ねこタン』 その二

昨日書いた 盗用画像本『ねこタン』 の続き。


Amazonの読者レビューがおもろいことになっている。

セブンアンドワイは高評価レビュー以外は弾く作りのようで、変わらず。
JBOOKは、売り切れか販売中止。よその在庫が順調に捌けて行っていることから見て、前者な気がする。


Googleブログ検索Askブログ検索で、「ねこタン」を検索してみる。


ねこタン(^o^)/|1日1日を大切に生きる♪

猫の可愛い写真がいっぱいだし面白い写真がいっぱいで
オススメです(≧ω≦)b
猫好きにはたまらない一冊です♪


ねこタン|MAGAZINE Z

最初、立ち読み気分で読み始めたのですが、思わず噴出しそうになり、一人家で見たほうがいいなと思って購入してきました。
まだ、全て見ていないけど、ものすごく癒されます。
そして、かなり噴出します。爆笑します。


ねこタン - するのか?アセんション 2012 - 楽天ブログ(Blog)

猫好きにおすすめ、猫好きじゃない人にもオススメ


癒し隊|六甲ブログ!

いろんな猫の写真があって私もかなり癒されました。猫好きの皆さんも買ってみてね。セブンで買いました。タイトルはねこタンでピンクの表紙が目印です。


ちょりーっす。|一生に一度のワープ☆

余談ですがコンビニで
激萌ぇな「ねこタン」って本をゲット(*´∀`*)ギュインギュインきます!!


Y・G/話のタネ:発見!!伝説のネコバカ本「ねこタン」!!の巻 - livedoor Blog(ブログ)

もう、僕のバイブルに決定しました。
第二弾も即買うよ。
作ってる人がバカなんだもん(誉め言葉!)。面白すぎるよ。


ねこタンと痒み - ヒドイじゃないのさ!ネコパンチ!(終)スプラッシュスター - Yahoo!ブログ

可愛いのだけじゃなくて、ブサイクなのや、コラまでも網羅
コンビニ(セブン)で500円にて購入でございます。


My Favorite Things~cocoro no key~:ねこタン - livedoor Blog(ブログ)

とにかく、こんな猫の姿見たことない!!
笑えます、にやけます、うそやろ~と言っちゃいます。


ねこタン|コスメと猫(=^・ω・^=)日記

家族にも見せましたが、猫好きの我が家は可愛いの嵐!(笑)
うちの子の写真も投稿しようかなー♪(笑)
猫好きな人にはぜひ見て欲しい本です!


猫パンチ。(=^・。・^=)(^◇^)(*^_^*): 猫本

コンビニで、新刊の猫本を発見、今度はマンガではなく写真のみで「ねこタン」大洋図書=500円、面白画像満載です


あにょらの見解 : ねこタン

かわゆすw
ねこタンってタイトルの猫画像ばかりの本でございます。相方様から教えてもらった人間っぽく寝てる猫様とかとか、癒し満載です。


5000nice突破。ありがとうございます!:十二歳の地図:So-net blog

可愛い写真から、面白い写真まで様々載ってます(´- `*)
見ているだけで和んでしまいますよ~><*
サイズも小さいし、お値段も500円と安いので猫好きな人には最高な一冊かも♪


いよいよ・・・|ポチのブログ

コンビニで現在発売されている
「ねこタン」
というグラビア雑誌、オススメです


蔵の中 -新刊本- №133:クマ蔵(くまくら):So-net blog

偶然手に取った本なんですけど、もうにゃんこの画像に笑わせてもらい、そしていっぱい癒されました~♪めっちゃ可愛いです。ありゃ、本の画像がないや。残念。


ねこタン|気まぐれリンゴの*秘密の小部屋・.。*

朝 コンビニで 見ちゃったヽ(゜▽、゜)ノ 立ち読みじゃ もの足りなくなって 即 お買い上げ(笑)

笑えるにゃんこ 癒されにゃんこ たまらないよ(≧▽≦)ゞ


猫・銀河シャンプーリンスガー - おしどり不況捕物矢車★マントとマフラーはヒーローの必須アイテム! - Yahoo!ブログ

[ねこタン]に投稿したっちゃけど、
多分ボツくらったばい!


本屋さん|pineapple-jamさんのブログ

最近は、ほとんど本を買うことはありませんが、某コンビニで発見した『ねこタン』は彼氏に買ってもらいました
癒されます


みんな大受け。大好評。
そりゃそうだよね。数年に亙ってネットに上げられた猫画像の中から、いいものばっかり盗って行ってるんだから。つまらないわけがない。


一方、飼い主さん始め、画像やコメントを盗用されたペットうp板ねこ@ふたばの人達の反応は...


エロ本屋の「大洋図書」てとこが出してる「ねこタン」てムックが転載だらけなんだけど。
クマ、のび~るたん、ぷねくち、かご猫、よれよれたん、タローたん、ピノたん、とらまるなどなど。しかも本の最後に著作権表示(転載を禁ず、ってやつ)があるんだよね...


噂の大洋図書の"ねこタン"読んでみて、ここまでひどいとは思わなかった
ほぼ全てが、ねこ@ふたばで見た画像
ぷねくち・クマ・のび~る・とらお・ポポさん・ぐーたん・コタ・にゃんた・各ノラ・他職人さんコラ画像等等
ふたば以外では、かご猫・ふわり・チコ・とらまる・タロ・めんま・ピヤ・他TVキャプチャ等等
指名手配や、カルタのネタまで、丸パクリ


以前、ここで話題になってた「ねこタン」を書店で見かけたので
パラパラっとめくって見てみました。
のび子さんのコラに、「俺様」の一人称でキャプ付いてました^^;
コラ画像の他にも、もう一枚のび子さん画像があっったです。
のび子さんの他にも、ぐーたんやコタロータンやクマゴロタンとかの画像も
たくさんありました。
画像とキャプ見て、ちょっとモヤモヤ~な気分になってしまったです。


著作権について先々週から何度も出版元へ問い合わせしていますが、全く返答がありません。
ヤクザな商売も甚だしいですね。


私もメール出してみましたが、まったく返事がありません。
個人で楽しんでもらうために投稿してるのに、勝手に売り物にされて気分が悪いです。


最近はようやく、どこの出版社でもネット掲載画像と著作・版権の関係が
理解されてきた、と思った矢先にまだまだそーいう常識が浸透してない
出版社があると知って愕然としました。


出所はふたばっぽいような気がするけど、Pya!のコメントがそのまま使われてたり、
うp板のコメントをもじったっぽいのもありますね。
そのわりに性別がいちいち違うのは、わざと変えてるのかなあ。


うちの猫も載せられてますが、連絡等は全くありませんでした。


まじっすか!うちのもですか。もちろん、連絡ないですよ。
見てみたいけど買いたくない(T_T)
猫ブームの便乗なんでしょうね。


「うちの猫が載っていますが、掲載を許可した覚えはありません。どういうことですか」と「ご意見・ご要望」メルアドにメールしましたが、一向に返事来ません。


こういうのは初版を売り逃げする形が多いです。
(たとえ回収かかった時には市場在庫がないので実質的に売り逃げになる)


最初は投稿がないので、とりあえず1冊拾い画像で出して初版売り逃げして、
次からは投稿でシリーズ化って計画なんだろうねえ。


これまでみんなで楽しむために画像を投稿したり、コメントを寄せて盛り上がったりしてた人達の場が踏みにじられて、接点の無かった猫好きたちがカモにされて、版元ばかりが丸儲け。という構図は、見ていて非常にやるせないものがある。


『ねこタン』で初めてネットに流れる面白猫画像の数々を知ったらしき人達のブログを眺めて抱くイメージは、比較的若い層、ライトなネットユーザ層。そして多分ネットアクセスはPCより携帯メインだったりする?
投稿サイトhttp://neko-tan.com/が携帯専用なのも、携帯メインのライトユーザ層ならネットで有名な猫画像も知らないだろうと踏んでのことのような気がしてきた。根っからの確信犯。

# まぁ、『ねこタン』に盗用された元画像を知ってるのって、「猫好き」×「それなりにネットに時間を割いてる層」なわけで、猫が好きな人の総数から見れば少数派なんだろう。


まとめ(?):
猫が好きな人に悪い人はいない。でも猫本の作り手は猫好きばかりとは限らない。猫本ブームに乗っかったエロ本屋も混じっている。それが『ねこタン』。せめてオリジナルに敬意を払ってくれ。






[追記]
悪質猫本にカモられないために、個人的おすすめのチェック先リストをまとめてみた。今回知らずに買っちゃったって人は今後のために、次エントリ 『ねこタン』無用術 もご一読くださいな。

2008年4月21日

盗用画像本『ねこタン』

http://www.amazon.co.jp/dp/481302078X/

ペットうp板やふたば猫板からの転載だらけのスゴイ猫本。
2、3の飼い主さんに訊いた限りでは、誰も掲載の連絡は無かったそうだ。バリバリの著作権侵害本。っていうか、通信社配信のニュース写真とかTVのキャプチャ画像まで使ってるしな~。
いくら猫本ブームだからって、ここまで大っぴらに流通に載せて盗用本売り出しちゃうってのは凄いなと。おまけに安い紙使ってて画質も悪いし。
「猫好きはこんなんでも買うんだろ」みたく、ナメられてるんだろうね。

版元は大洋図書。エログロ本専門っぽいが、それでも出版業の本場・神田で60年商売やってきて、自社ビルまで持ってるような会社が、こんなことするんだなと。驚くような納得するような。

奥付には、無断複製・転載等を禁ずる定番の文言。ALL RIGHTS RESERVEDって、どの口が言うか(笑)
挙げ句、いけしゃあしゃあと猫画像投稿サイトまで開設しちゃって。

ちなみに本の存在を知った今月上旬の時点で投稿サイトの中身を見て、本に収録された盗用画像は1個も無い(というかそもそも数えるほどしか画像が無かった)ことをチェック済み。だから、「投稿者がオリジナル画像だと言うから信じた、自分達は善意の第三者」という言い訳も通らない。


山本夏彦翁もよく出版とはイカサマであると書いていたけど、ブームを逃さず安物を売り抜くこの商法はまさにイカサマの鑑。おまけに続刊を出す際には自サイトへの投稿画像利用で著作権問題を回避できる。メール画像投稿サイトだから携帯のメアドも収集できる。モラルを度外視すれば、商売上手ではあるんだろうなぁ。

等と悠長なことを言っていられる場合でもなく。何せ巡回先の猫画像掲示板が軒並み盗用被害の当事者なんだから。経過を重点監視中。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち『ねこタン』問題カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはOthersCatです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。