« 盗用被害の証明の難しさ | ホーム | 今年初の真夏日@東京 »

2008年5月21日

遍在化するネット猫たち

以下の文は、1つ前の「盗用被害の証明の難しさ」の時点で既に書いてあり、冗長になり過ぎるのを避けて分離した部分だったりする。


画像・動画の盗用被害に際して、コミュニティの証言が一定の裏付けになるんじゃ? と考えてみた。「この人はこれまでずっと、この猫の色んな姿をここに投稿してきた。リクエストに応えてくれたこともある。飼い主でないとは考えられない」みたいな。

でもこれとて絶対ではないよね。転載を繰り返す中でオリジナルの所在を知らない人が多数派になることなんて、いくらでもあるわけで。

手近な例として、

  1. YouTube - Kitten Gets Owned 私の知る範囲での初出、'07年10月
  2. 勝手に寝るぬこ‐ニコニコ動画(SP1) 「拾い物です」、'07年12月
  3. YouTube - 勝手に寝るぬこ 「ニコニコ動画より」、'07年12月
  4. 一瞬で寝るネコ‐ニコニコ動画(SP1) 「遊んでいたのに、即寝ます。」、'08年1月

日本で一番知られてるのは、きっと2.か4.だよね。
2.には「拾い物」とあるから、ああどこかからの転載だろう、というのはわかるだろう。
でも転載元の情報が無いから、3.でわざわざYouTubeに転載する人が現れている。
4.は転載と一言も書かれていない。3.を持って来たなら、ニコニコにあることはわかっている筈なので、多分1.を持って来たんだろう。

それぞれの再生数だが、

  1. 228,136
  2. 174,798
  3. 10,673
  4. 153,484
となっている(2008/5/21 22:30現在)。
ニコニコに上がっている2本の再生数に殆ど差が無い。たまに4.の方が2.よりランキング上位に来ていたりもする。

つまり、YouTubeからの転載であることを知らない人がたくさんいて、今も増え続けているということが言えるんじゃないかな?
コミュニティの中での情報劣化の例ということで。


もちろん日付を見れば最古のものがオリジナル候補になるけれど、本当にオリジナルかどうかはわからない。というか、この動画に関するなら、多分1.もオリジナルじゃないと思う。投稿者がYouTubeに上げている他の動画に、猫が写ったものが無いから。



と、ここまで書いて1週間放置していたところに、新たな出来事があった。

とっても幸せそうな猫の写真 | IDEA*IDEA

アルファブロガー界隈にその人ありとされる百式管理人・田口氏のブログで、タローたんのコラ画像がでかでか紹介。ペットうp板の住民からは「またか」と言う声しか返って来ないであろう、有名な画像。

光の速さ(大袈裟)でツッコミコメントを入れたけれど承認制なので、誤解が拡散するのを少しでも防ぎたくて、はてブでもコメントしておいたり。 (実際、ブログのコメントが承認・公開されたのは翌日になってからだった)

署名見て分かると思うけれど、これが私のコメント。

これ、有名なコラ画像です。
オリジナルはこれ。
http://www.ownerpet.com/up/u2/read.php?q=68&s=1&p=6
コラを初めて見たのはふたばだったと記憶していますが、初出かどうかはわかりません。
「ちょうど微笑んでるとこが撮れました!」と飼い主を騙って猫自慢コーナーに投稿する人が後を絶たない、曰くつきの画像です...。

これ以外にも、ペットうp板発で加工されて海外に出回っているものが幾つかあります。これが犬にキックかましている画像とか、見覚えありませんか?
http://www.ownerpet.com/up/u2/read.php?q=136&s=1&p=948


当たり前だけれど百式管理人とて万能ではなく、そしてこのコラ画像がまた出来がいい。ちょっと見ただけでバレるような荒い加工はしていない。いや、猫がこんな目と口するわけねーだろ、っていうツッコミはもちろんあるだろうけど、レタッチ荒れという意味で。

はてブのコメント欄見ても、騙されている人多数。

それが現実。


元々、オリジナル画像はうp板以外で滅多にお目にかからない。(私がコラ画像を最初に見たねこ@ふたばのスレッドでは、オリジナル画像があって、その少し後にコラ画像があったけれど、初出かそれに近い時期だったんだろう)

コラ画像の方は2chでAA化されるほどに知られている。


で、だ...。
もし、「これはコラだよ」「度々トラブルになってるよ」とツッコミを入れられる人がいなくなったら...?

今回たまたま、私はこのテーマで調べ事をしていたから、すぐにオリジナル画像の所在と、ついでにこれまたよく加工転載されている(『ねこタン』か『バカ画像MAX』か忘れたが、どっちかの無断転載本にもあった筈)グレスケのジャンプ画像まで引き合いに出すことができたけれど、単純に「これコラだよ」だけだと信じて貰えなかったかも知れないよね。
なまじコラの腕がいいだけに。

そして、出所を知らない人だらけの世界で、私のような人間は「折角の面白画像に難癖を付ける野暮な奴」になってしまうんだろう。


斯くして猫達はネット上で永遠の命を得るのと引き換えに、愛する飼い主の元を離れて行く。


それが残酷だと思うなら、オリジナルを(=猫と飼い主の日々を)尊重する手立てを考えないといけないと思うんだ。


(そして妙案募集中のまま続く!)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dun.jp/Bolg/mt-tb.cgi/105

コメントする

この記事について

このページは、widtariaが2008年5月21日 23:41に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「盗用被害の証明の難しさ」です。

次の記事は「今年初の真夏日@東京」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。