« 盗用画像本『ねこタン』 その二 | ホーム | 『ねこタン』サイトの掲示板消滅 »

2008年4月22日

『ねこタン』無用術

盗用画像本『ねこタン』
盗用画像本『ねこタン』 その二
の続き。


『ねこタン』のような著作権侵害本の売上に貢献しちゃわなくても、このへん見て回ってれば大抵の面白猫画像には出会えるよ、的なサイトを幾つか挙げておくテスト。

自分の猫自慢もしたいなら、今回の盗用被害の中心地にもなった、この2ヶ所だと思う。独断と偏見に基づくコメント付きで並べると、


ペットうp板


  • スレッド式で色々な切り口(模様、仕草、特定猫、etc.)ごとに進行

  • 動画も上げられる

  • コテハン追っかけできる機能もある

  • 画像が長期保存されている

  • この規模で個人運営ですよ。ありがたいことです

ねこ@ふたば

  • オリジナルあり、転載あり、コラ画像あり、毎日がカオス

  • ある程度経つとスレッドが掃除されるので、リアルタイム性高し

  • 時々荒らしがグロ画像置いて行くので、心の準備が必要なこともある

  • でもそれに勝る個性的な猫たちがいると思う

  • 転載とかコラは著作権侵害だろって話もあるが、営利目的じゃないということで...

前のエントリで「猫好きに悪い人はいない」と書いたが、どちらの掲示板も猫好きの集まりだから、もちろん例外でない。飼い主や猫の名前をずっと覚えてくれている人もいるし、飼い主も他の人も一緒に盛り上がっている感がある。と思う。
一方通行な上にどこで画像使うか知れたもんじゃない企業(それもエロ本出版社)の投稿サイトよりは楽しめるんじゃないかなぁ。

2ちゃんねるテイストがあるので、苦手な人は苦手かも知れないけど、顔文字だらけの薄っぺらなメッセージ交換よりは中身があると思う。
と書くと2ちゃんねるの肩持ってるように見えるかも知れないけど、個人的には2ちゃんねるの"無責任な匿名"は趣味に合わないから。実名入りprofileが当然だった時代のネットユーザなので、今でも「名無し」に隠れた言論には馴染まない。それでも評価しているほどのコミュニケーション空間なんだと思って貰えれば。


とりあえず面白猫画像が見たいなら、

pya!

で「nya(猫)」のタブをクリックしてればいいんじゃないかなぁ。ここで高評価のやつ見てれば短時間でハズレは無いと思うよ。


もう少し猫画像巡りの時間がある人は、

everything is gone

かーずSP

といった個人ニュースサイトにちょくちょく「猫」セクションのリンクができるので、毎日チェックしてるといいと思う。

リンク先が面白そうなサイトだと思ったら、そこもお気に入りに追加して、時々見るようにすればいい。自分もそうやって、

猫式訓練所

ねこ様NEWS

タクミノセカイ。(最近更新が無いので、アーカイブ参照)

等の猫画像紹介ブログを見つけた。そこからさらに引用元を辿る。以下繰り返し。


2chまとめブログの ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2ndアルファルファモザイク も猫好きらしく、ちょくちょく猫ネタが取り上げられる。

例)
「本当にたまげた猫」 ネコの駅長室完成 和歌山:ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd

4代目タイガーマスク:アルファルファモザイク


携帯メインの人は...専門外なのでよくわからないけど、
ペットうp板の一番下に、

携帯用ぺっとうP板: 授業中/電車の中等の暇つぶしにどうぞ
http://users72.psychedance.com/up/u2/i/
ドコモたぶんFOMA900以降端末だったらOK
AUたぶんWIN機だったらOK
SBMたぶん3G端末だったらOK
とあるので、とりあえずうp板でいかが。
[訂正]psychedance.comドメインは既に失効、新ドメインの当該階層は403だった><


あとはPCも携帯も、ニコニコ動画で猫動画見るとかですかね。(※ただしパケホーダイ必須)

たわしねこ可愛いよたわしねこ

ねこ鍋」も、ニコニコ動画で盛り上がったのがそもそもの始まりだし。子猫達の名前も、飼い主さんがニコニコ上で募集して、みんなに付けてもらったんだよね。

コメント頂いた通り、ふちゃぎん家もおすすめ。エリザベスたん頑張ったね


知らずに大洋図書にカモられちゃった人は、これを機会にめくるめくネット猫画像の世界へ首を突っ込んじゃう方向でひとつ。




[4/24 12:45追記] URL幾つか追加。

あと、ニコニコ動画のID持ってない人は↓で。
はてなブックマーク - たわしねこ1
はてなブックマーク - たわしねこ2
はてなブックマーク - ねこ鍋
はてなブックマーク - ふちゃぎん家の日常 Vol.65 「三本立て」
はてなブックマーク - ふちゃぎん家の日常 Vol.61 「ろー...? ろー!」

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dun.jp/Bolg/mt-tb.cgi/97

コメント(6)

ニコニコが見れるのであれば「ふちゃぎん家」でタグ検索するといいですよ。凄く癒されますよ。

あ、私も大洋図書に問い合わせしてみました。
返事が来たら要点纏めてご報告しますね。

ありがとうございます。記事に追記しました。
私が始めて見た「ふちゃぎん家」は、エリザベスたんがやって来て、ふちゃぎが逃げ回ってるとこだったんですよ。だから今回の出産は感慨一入です。

私はその出典もとのサイトとかは今まで見たことないんですけど、『バカ画像MAX』っていう本に使われてる猫画像っていうのは許可を取ってるんですかね?
 私は『ねこタン』も『バカ画像〜』も偶然両方買って、同じ写真がいっぱいあるからどんな仕組みになっているんだろうって不思議に思ってたところなんですよ……。もしかして同じ編集部で作ってるとか?

ありがとうございます。その本も探してチェックしてみます。
外注の編プロやライターで両方に関わっている人がいるのかも知れないし、ただ単純にネット画像に対する著作権意識が低い・チェック体制が甘い組織が多数存在しているってことなのかも知れませんね。

VOWのパチモンを、ネタ収集コストかけずに作っちゃえってことなんでしょう。柳の下のどじょうに群がるのも出版界の一側面です。

ねこタンの本のレビューを書いたんですが、まさかそんな裏があったとは思いませんでした・・・ なんか、そんな本を売る手伝いはしたくないので記事削除しますね。 あと、勝手に本の画像許可なを載せていれば自分も同罪ですよね、以後気をつけます。

GW期間中対応が遅れました。申し訳ありません。
TBに反応して頂きありがとうございました。
(無断)掲載されている猫画像そのものは傑作揃いですから、面白いと思われて、紹介された方々には何の罪もありません。むしろ猫好きの仲間です。ですので、全然気になさらないでくださいまし。
責められるべきは大洋図書のみです。

コメントする

この記事について

このページは、widtariaが2008年4月22日 21:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「盗用画像本『ねこタン』 その二」です。

次の記事は「『ねこタン』サイトの掲示板消滅」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。