« 保護猫記録: 久しぶりの虫体便 | ホーム | 保護猫記録: 毛玉ハク »

2007年12月16日

保護猫記録: サナダ一族の消失

当日早朝出したての便を携えて、朝一番で動物病院へ。
一旦帰宅して1時間後、猫を連れて検査結果を聞きに再度病院へ。

2/3包しか飲ませることができず、出てきた虫体も1本のみだったので、あまり希望は持っていなかったのだけど、虫卵は綺麗に消えていたらしい。あれが最後の1匹だったのか。

一応念の為もう1包投与しましょうということで、薬を出してもらった。飲ませて来週末にでも再検便。これで出なければ、駆虫できたと言っていいのかな。


体重5.6kg。こないだ計った時は5.25kgだったのに。虫が落ちたから増えた? それとも冬肉?
うちの他の猫たちが4kg台前半なのに、1匹だけ重すぎ。

071216_0001.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dun.jp/Bolg/mt-tb.cgi/56

コメントする

この記事について

このページは、widtariaが2007年12月16日 10:53に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「保護猫記録: 久しぶりの虫体便」です。

次の記事は「保護猫記録: 毛玉ハク」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。