« 保護猫記録: マンソン三倍段 | ホーム | 保護猫記録: サナダ一族の消失 »

2007年12月 5日

保護猫記録: 久しぶりの虫体便

薬入り餌を一気に食べさせる作戦は不首尾に終わったように見え、やっぱ水溶液を注射器で押し込むべきだったか、改めて薬を貰いに行くか等と考えていた夜0時半頃、排便。

一目でわかる虫体入り。幅3~5mm、長さ20cm強といったところか。
保護してマンソン発覚からでも既に1ヶ月以上、成長速度を考えると小さすぎない?
どうせまだ数匹いるんだろうな。

腹に違和感があるのか、猫は鳴きまくり。低めの声だからよく通る。
近所迷惑にならないよう、静かにしておくれ~

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dun.jp/Bolg/mt-tb.cgi/55

コメントする

この記事について

このページは、widtariaが2007年12月 5日 00:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「保護猫記録: マンソン三倍段」です。

次の記事は「保護猫記録: サナダ一族の消失」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。