« 保護猫記録: 先回り上手 | ホーム | 保護猫記録: 久しぶりの虫体便 »

2007年12月 4日

保護猫記録: マンソン三倍段

1週間経って、再検便の日。朝出したてのユル便を持って動物病院へ。

相変わらず虫卵が出ているとのことで、経皮薬による駆虫は諦めて、飲み薬を投入することにする。
しかしマンソン裂頭条虫は落ちにくいので、他の条虫の3倍量の投与が必要という。只でさえ大きな錠剤を、3錠いっぺんに飲まさないとならない。

砕いて1錠分ずつ分包にしてもらったけど、かなり途方に暮れる量。

071204_0001.jpg

これ全部で「1回分」。
腹減らしてから、小分けにした餌に混ぜて一気に食わすか…。


一方、口臭の方は劇的に改善された。でもまだ歯周病は若干残っているらしい。しかし便が軟調なので、これ以上抗生剤を続けるのは身体によくないという判断が下り、駆虫と腸の改善が済んだら改めてということに。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dun.jp/Bolg/mt-tb.cgi/54

コメントする

この記事について

このページは、widtariaが2007年12月 4日 11:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「保護猫記録: 先回り上手」です。

次の記事は「保護猫記録: 久しぶりの虫体便」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。