2007年12月アーカイブ

2007年12月30日

保護猫記録: 先回り・映像編

最後に大きめの音量で雄叫び声が入るので注意。

この声量で夜中に人を起こすのだこいつは…。

2007年12月29日

保護猫記録: 冬肉増量中

まぁ最近はあまりケージに入れず、部屋で好きにさせているんだけど。

図体がでかいので、一人遊びにいろ、追いかけっこにしろ、ドスンバタンとうるさい。しかもそれが夜中の3時とか4時とか…。下の階に迷惑になるので、あまり騒ぐ時はケージ行き。


071229_0002.jpg

太った…よね…。

2007年12月17日

保護猫記録: 毛玉ハク

夜中3時に「ぶぱっ」という盛大な音と共に毛玉ゲロ。
何でわざわざ高い位置からぶちまけますか…。
久しぶりにトイレットペーパーとマイペットの出番。

駆虫が確認できたらケージはあまり用が無くなるけど、どうしようかね。
年明けには里親探しも始めないと。

2007年12月16日

保護猫記録: サナダ一族の消失

当日早朝出したての便を携えて、朝一番で動物病院へ。
一旦帰宅して1時間後、猫を連れて検査結果を聞きに再度病院へ。

2/3包しか飲ませることができず、出てきた虫体も1本のみだったので、あまり希望は持っていなかったのだけど、虫卵は綺麗に消えていたらしい。あれが最後の1匹だったのか。

一応念の為もう1包投与しましょうということで、薬を出してもらった。飲ませて来週末にでも再検便。これで出なければ、駆虫できたと言っていいのかな。


体重5.6kg。こないだ計った時は5.25kgだったのに。虫が落ちたから増えた? それとも冬肉?
うちの他の猫たちが4kg台前半なのに、1匹だけ重すぎ。

071216_0001.jpg

2007年12月 5日

保護猫記録: 久しぶりの虫体便

薬入り餌を一気に食べさせる作戦は不首尾に終わったように見え、やっぱ水溶液を注射器で押し込むべきだったか、改めて薬を貰いに行くか等と考えていた夜0時半頃、排便。

一目でわかる虫体入り。幅3~5mm、長さ20cm強といったところか。
保護してマンソン発覚からでも既に1ヶ月以上、成長速度を考えると小さすぎない?
どうせまだ数匹いるんだろうな。

腹に違和感があるのか、猫は鳴きまくり。低めの声だからよく通る。
近所迷惑にならないよう、静かにしておくれ~

2007年12月 4日

保護猫記録: マンソン三倍段

1週間経って、再検便の日。朝出したてのユル便を持って動物病院へ。

相変わらず虫卵が出ているとのことで、経皮薬による駆虫は諦めて、飲み薬を投入することにする。
しかしマンソン裂頭条虫は落ちにくいので、他の条虫の3倍量の投与が必要という。只でさえ大きな錠剤を、3錠いっぺんに飲まさないとならない。

砕いて1錠分ずつ分包にしてもらったけど、かなり途方に暮れる量。

071204_0001.jpg

これ全部で「1回分」。
腹減らしてから、小分けにした餌に混ぜて一気に食わすか…。


一方、口臭の方は劇的に改善された。でもまだ歯周病は若干残っているらしい。しかし便が軟調なので、これ以上抗生剤を続けるのは身体によくないという判断が下り、駆虫と腸の改善が済んだら改めてということに。

このアーカイブについて

このページには、2007年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。