« 3匹目、みぞれ | ホーム | 保護猫記録: おいお前ちょっと俺のケツに… »

2007年11月10日

保護猫記録: 蕎麦とうどんとサナダムシ

18時過ぎ、下痢便。虫体見当たらず。
相変わらずの粘液便だが、それでコーティングされた固体便の存在を認める。徐々に腹が安定して来ているものと期待したい。

消臭サンドの威力が強力なので断言はできないのだが、サナダムシ全盛期と比べると排泄直後の便の腐敗臭が薄れている気がする。以前は出た直後から酸っぱい臭いのする、これ絶対硫化水素出てるだろ系の悪臭だったが、今はそうでもないような。

しかし、蕎麦屋に晩飯に出掛けようというタイミングで下痢便掃除というのもどうなのか。虫体出なかったからいいじゃないかという向きもあるだろうが、探して見当たらなかった状態で麺類見る方がより蟲らしく見えるようにも思える。

今日は晩酌の後ほうとううどんを食す予定。ちなみに昨夜はカレー南蛮うどんだった。動じません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dun.jp/Bolg/mt-tb.cgi/32

コメントする

この記事について

このページは、widtariaが2007年11月10日 18:18に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「3匹目、みぞれ」です。

次の記事は「保護猫記録: おいお前ちょっと俺のケツに…」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。