« 保護猫記録: 庚申塚を思い出す | ホーム | 保護猫記録: 噂をすれば猫の糞 »

2007年11月 9日

保護猫記録: 寄せては返すサナダウェーブ

14時過ぎ、排便。
やや軟らかいものの、形を保った便。

大をすると鳴いて知らせる習慣があるのだろうか。
たまたまこちらも大の最中だったが、遠くから呼ぶ声が聞こえた。

ペットシーツ交換。新しいのを買いに行かねば。
トイレ砂もスペア購入要。デオトイレおよびその類似品で使用されるペレット状の抗菌消臭サンドがいい感じ。

と気を抜いていたら、15時前、再び下痢便。長く垂れ下がった虫体入り。
だからその、むず痒いんだろうけど、トイレから出てすぐに尻の穴を舐めるのはやめてください…。

これは確かに長期戦になるのかも。
あしびきのさなだむしの身のきしめんの長々し夜を…


(20:40追記)
本日通算3度目の大便。粘り気のある下痢便なれど、虫体は確認できず。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dun.jp/Bolg/mt-tb.cgi/27

コメントする

この記事について

このページは、widtariaが2007年11月 9日 15:03に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「保護猫記録: 庚申塚を思い出す」です。

次の記事は「保護猫記録: 噂をすれば猫の糞」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。