« 保護猫記録: もうホントにシモの世話ばかりで… | ホーム | 保護猫記録: マンソン未だ滅びず »

2007年11月23日

保護猫記録: お口クサイ

1時半、呼び続ける声に根負けして起きる。はいはい、便の始末ですね…。
半分固形便、残り半分軟便。うーむ。

7時過ぎ起床。朝食後ケージから出してやる。

甘えたそうだったので膝に載せてやったが、それにしてもこの子、シャンプーの香りもたちまち飛んで、独特の体臭をまとっている。♂だから? でも去勢済みだし。うちの♂はこんな臭いしないし。

ふと気付いたけど、口臭も凄い。生臭いというか何かが腐ったようなというか。年配猫じゃあるまいし。
この口臭で毛づくろいするから全身の臭いがきついんじゃなかろうかと。

ヒトの場合、口臭の原因となるのは歯槽膿漏や内臓不調。歯は綺麗だし(だから2歳程度との見立てになった)、餌もよく食べるから、歯槽膿漏や口内炎は考えにくいような。となると内臓系?

まぁ、週が明けたら検診ついでに訊いてみることにしよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dun.jp/Bolg/mt-tb.cgi/48

コメントする

この記事について

このページは、widtariaが2007年11月23日 09:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「保護猫記録: もうホントにシモの世話ばかりで…」です。

次の記事は「保護猫記録: マンソン未だ滅びず」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。