« てすと | ホーム | 保護猫記録: 複写その2・保護 »

2007年11月 7日

保護猫記録: 複写その1・保護前

1箇所にまとめた方が後々便利になると考え、今回保護した猫の記録をここに複写・書き起こす。


10月14日(日) 迷い猫?

晩酌に4合ほど飲んでの帰り道。
マンションの敷地に入ったところで耳に入る猫のどら声。
応えていたら自転車置き場から猫が這い出して来た。
これは3匹目を拾った時のシチュエーション…。場所違うけど。

でも今回這い出てきたのは成猫。何しろうちの猫たちサイズ。
でもニャオンニャオン鳴きながら足に身体を摺り寄せまくる。
即ち、野良ではない。

柄はグレーのハチワレ。

とりあえず敷地外に誘導して猫缶1個与える。
かなり空腹だった様子。

管理室で尋ねてみたけれど、迷い猫の連絡は入っていないとのこと。
blog検索でもそれっぽいのは見つからない。

うちはうちの猫たちが最優先なので、どこの馬の骨ともわからない成猫を確保するわけにはいかないんだけど、何にせよ主が見つかるといいね。


10月16日(火) 迷い猫ふたたび
マンションに帰り着くと、先日の猫のどら声が響き渡っていた。 外は雨だし、この感じだと満足に食べてないだろうし、またちょろっと餌でもやるかと、うちの猫たちに餌やってからエレベータを降りたら、そこにいた。 住人のおっさんが割きイカやりながら歩いてきたせいで、エレベータホールまで上がりこんで来てしまったわけだ。

そのまま大声でニャーニャー鳴き続けるから、あちこちのドアが開いて様子を伺う人達がいる。
しょーがねぇなぁと、足で追いやり、餌で釣り、ゴミ捨て場の蔭に移動して一缶。グモーグモー言いながら貪り食うあたりからして、本当に空腹な様子。つか、明らかに前見た時より少し痩せている。

食べ終わると足元に頭突きしてきて、また大声で鳴く。
この調子だと遠からず自治会で問題になるし、恒常的に餌やる状態になるとまずい。駐車場の車とかに傷いったりしたら賠償問題になるし。

やむなく、もう一缶で釣って、敷地外まで誘導。そのままぐるーっと歩いて、隣の公園に。そこでもう一缶やり、食べてる最中にダッシュで逃げてきた。

公園まで誘導してる間ずっと、人の横を同じペースで歩いてくるのよね。犬の散歩みたく。
人懐こくて頭もよさそうで、捨て置くのは本当に気の毒なんだけど、うちでは飼えない。

最近転出した人が捨ててった、なんてことはないよな…?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dun.jp/Bolg/mt-tb.cgi/18

コメントする

この記事について

このページは、widtariaが2007年11月 7日 17:40に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「てすと」です。

次の記事は「保護猫記録: 複写その2・保護」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。