2016年6月 6日

R.I.P. ニビすけ

2015年11月に皮膚2ヶ所の肥満細胞腫の切除手術。恙無く成功。
その後変な咳をしてから嘔吐することが度々あったけど、あまり気にかけずにいた...。



半年後。目に見えて食欲が落ち、5/7に病院で採血して5/11に受け取った検査結果が示したところは中度の腎不全。肥満細胞腫の切除手術に際して検査した時は正常範囲内だったBUNやCREの値が少しだけ基準オーバー。

これなら投薬と食餌療法で数年持たせられるねと対策開始したものの数日で何も食べなくなり、薬を増やしつつ餌も無理矢理飲ませて半月を送るうち、数値は急速に絶望的な領域に。

一縷の望みを託して5/31から入院させるも、直後の血液検査ではカリウムの値まで上昇し、心隔膜には水が溜まりだしていた。それから2日間手を尽くすも好転せず、もはや多臓器不全で万事休すの宣告。
ただの腎不全でこんな急速に進行することは考えにくく、FIP発症してしまった可能性を告げられた。



6/3朝に「家で看取る」ことを決めて退院。身体を洗ってふわふわにしてやった。一番長い時間を過ごした猫要塞で1日を送る。
6/4朝に猫要塞屋上から力を振り絞って飛び降り、トイレの扉前へ。ここは夏の定位置だった場所。用を足すたびに動かして切なげな声で鳴かれるのがつらかった。
6/5もずっとそのままトイレ前と玄関の間を苦し気に何度か往復。もう2日前のように歩けない。もうずっと何も口にしていない。命の火が着実に消えていく。
6/5夜、いよいよを覚悟して、猫要塞に強制移送。飛び降りないよう周囲を段ボールで囲って薄暗くして休ませる。

日付が6/6に変わって深夜2時、薄暗い中様子を窺って仮眠に戻ったその時、ばたばたを動く音と細い鳴き声。
囲いの穴を広げて外が見えるようにしてやる。そしてお気に入りだったブラッシング。背中にかけてやると、いつものように身を捩ったので、横腹にもブラッシング。
頭をもたげて切なげに何度か鳴き声を上げた後、横臥。せめて口を湿らそうと水を取って戻ったところで、搾り出すような呼吸と手足の痙攣が数度。それきりだった。



5月中、どうにか立て直そうと餌と薬を口に押し込み続けたために、最終週の頃にはすっかり嫌われてしまった。
最後の最後にブラシをいつものようにかけられたこと、本当の最後にそれに応えるような動作を見せてくれたことがせめてもの慰め。

もっと気にかけて見てやるべきだった。ごめんよ。


20160524_2352_nibi.jpg
(2016.5.24夜、最後の甘え姿)

2010年1月 4日

『ねこタン』改め『ねこニャン』その後

なかなか本が見付からず、そうしているうちに仕事が忙しくなってすっかり更新が滞ってました。
正月休みを利用して、溜まってたネタを順次。

まず、大洋図書『ねこニャン』。発売から何ヶ月かして、やっと中身確認。
何しろ自分が行く本屋行く本屋どこにも無いものだから(最初に『ねこタン』を見掛けた本屋にも無かった)、まるで避けられている気分になったほど。

中身は、まあ普通の猫写真本でしたね。コメントのセンスは相変わらず自分には合わないけど、そこは人好き好きなので。1号目でああいった安直で失礼なことをしでかさなければ、昔ながらのネット猫コミュニティを怒らせることもなかったろうに。

笑ってしまったのが、前のエントリでneko-tan.comを棄ててもneko-nyan.comには移れないよね? と書いたけど、nyanneko.comに逃げていたということ。無理矢理感。
そしてコンテンツ中の「neko-tan.com」を「nyanneko.com」に単純置換するという大雑把な引っ越しをしたせいで、「『ねこニャン』でも画像盗用してます」宣言状態だということ。


http://nyanneko.com/i/announce.php

(2009/5/14に取っておいた魚拓)
http://s04.megalodon.jp/2009-0514-1354-03/www.nyanneko.com/i/announce.php

(2010/1/4時点のページ内容)
nekotan_replaced_to_nekonyan.jpg


尤も、投稿者全員に書籍掲載の許諾を得たわけではないことが『ねこニャン』の中ほどのページの告知から窺えるので、ミスではないのかも知れない。本の中でも連絡先ドメインはneko-tan.comだった。

2009年3月 2日

『ねこタン』第2号は『ねこニャン』に名前を変えて3月10日発売

http://neko-tan.com/i/

<marquee>ねこたん2 <font color="#0000ff">3月10日</font></a>発売決定!! 誌名はねこニャンにリニューアル!!</marquee>

『ねこタン』の検索結果から逃げるためかね?
でもドメインはそのままだよねきっと。neko-nyan.comはspammerが使っているし。

ちゃんと・誠実に・丁寧に・皆に見えるように、やるべきことをやっていれば、「始まりはひどかったけど、最後は丸く収めたね」でまとまる話だったろうに。
イニシャルマーケティングコストをケチって、ネットの猫好き(の特に先駆者たち)の善意を踏みにじって、何も知らない猫好きをエロ本に誘導した広告収入で食べるご飯はオイシイデスカ?

2009年1月24日

猫居酒屋近況

秋から冬にかけて、色々と動きがあった。

・地域猫化

10月下旬に、渋谷区で地域猫活動を進めている渋谷区動物愛護推進ネットワークの方にお願いして、捕獲と不妊去勢。
それに先立って、何度か調査を重ねて頭数と顔触れを把握したり、責任持って世話できる態勢を整えたり。

動物愛護推進ネットワークによる不妊去勢というのは、渋谷区の助成金も出ているため、厳しいルールがあるんだそうで。そもそも責任持って面倒を見る人(複数可)が必要。苦情のタネを減らすため、餌やりにもルールがあって、まず、やりっぱなしにしないこと。食べきれる量を与えて、終わったら片付ける。放置しておくと虫が湧いたり、よその猫やカラスの溜まり場になってしまうから。そして当番を決めたりして毎日餌やりできること。糞尿が一番の苦情の素なので、トイレの場所も把握の必要あり。

そうした諸々の意思疎通と確認を経て、*お店の人から*ネットワークの方に正式に依頼し、10月26日に捕獲、手術を終えて、28日にリリースとなった。自分はどちらにも立ち会えなかったので、メールで都度報せて貰った。
尚、手術費用の全額が助成されるわけではないので、差額は関係者で分担。

直前に2家族生まれてしまったので、子猫たちが成長したらもう1回やらないとね。


9月14日の猫勢調査で子猫を発見。店の人もこの時まで知らなかった。

9月15日の猫勢調査で別の妊婦猫を発見...。
20080915_pregcat.jpg

やがて向かいの印刷所の床下で生まれた子猫たちも、猫小屋を拠点とするように。元からいた家族は、2軒ある小屋の片方をごく自然に分け与えたそうだ。もう今では一緒の猫団子。


・誘拐

そうして道行く人にも可愛がられていた子猫の1匹が、11月30日にさらわれた。

並木橋交差点の先にあるJRAの場外馬券売り場(WINS)の客に連れ去られ、結局懐かないからとかそんな理由でか、WINS前で捨てられたとのこと。目撃者から店に連絡があり、1日過ぎて猫仲間に伝わった。
直線距離で300m近く離れており、しかも間には交通量の多い明治通りがあるわけで、自力で戻ることはまず不可能。本当にもう、どうしてそんな無責任なことをするのか。翌日出社前に立ち寄って周囲を捜索しつつ、何度犯人を捕まえて渋谷警察署に突き出してやりたい(立派に動物愛護法違反)と思ったことか。

幸いにして、子猫は12月2日の夜遅くに保護できた。JRA前で猫仲間と落ち合い、周囲を捜索しつつ聞き込みをして、昼過ぎまで猫の声が聞こえていたとか、建物の裏で見た、等の情報を得つつ、23時過ぎに近くの宅急便配送センターのお兄さん達の協力の下、ビルの花壇で捕獲。

怯えている猫を無理やり捕獲したもので、指をしとどに噛まれるし、本革の上着にはスプレーされるし(クリーニング代6000円以上!)、色々とひどいことになったけれど、無事家族の元に戻せて何よりだったよ。ひどく興奮しているからと一晩ケージに入れて翌日リリースして貰ったけど、少し不安げにうろうろしたもののやがて落ち着いてまた家族一緒に寝るようになったそうだ。

指は3日ほどひどく腫れて、リンパ管に沿って二の腕まで赤い線が走った。


・おまけ

「渋谷 猫小屋」とかで検索してみると結構見付かったので、かき集めて昨年1年のアルバムみたく読み耽ってみた。

路地裏の居酒屋・猫'ズ。/渋谷駅/レッツエンジョイ東京
http://www.enjoytokyo.jp/id/yusa-kitune/141686.html

渋谷「和風スナック小夜」 | 猫小屋
http://blog.shibuya-sayo.com/?eid=645340

渋谷:本郷 - 「ぽこ」と呼ばニャいで!
http://plaza.rakuten.co.jp/pokotoko/diary/200805150000/

ハンマー音頭の写真日記 : 街角の風景・ 猫
http://hanmaondo.exblog.jp/7239652

その後の渋谷の子猫:祐天寺猫落語的生活
http://jusukefunky.blog.so-net.ne.jp/2008-06-30

世界ゴルゴ化計画:喧騒の中のネコ
http://blog.livedoor.jp/holydice/archives/51075598.html

ちなちゃんのうっかりはちべえ日記: ネコ小屋のあるお店
http://blogs.dion.ne.jp/doityourself/archives/7643616.html

渋谷のねこ一家|溶岩浴珊瑚浴「ネコのねどこ」きまぐれ日記
http://ameblo.jp/nekospa/entry-10112080057.html

看板猫の店|東京まいあがり日記
http://ameblo.jp/mine-0/entry-10112636738.html

猫小屋の中身は・・・・・・|ノーフォークテリア Coffee or Tea Norfolk's
http://ameblo.jp/hirodogs/entry-10113754025.html

不動産の日★ - ようこそ おしゃれサロンアサオカBlogへ★
http://blogs.yahoo.co.jp/yousukechandesu/56663278.html

かわいいあの子|チャンティック姐さんのつぼ
http://ameblo.jp/sizuka-babymilk/entry-10134302134.html

つくり続けるまいにち      犬猫にまつわることなど。。。 猫小屋?
http://artichoke112.blog44.fc2.com/blog-entry-65.html

渋谷川の猫(朝編・・・・その1)|ひどぅん雑記
http://ameblo.jp/hidden0424/entry-10185298136.html


猫の息災と店の繁盛をお祈り申し上げマス。

2008年12月30日

久々に動画を上げてみた

秋に転職して、自宅ネット警備員生活からおさらば。
前の仕事は、正社員雇用でありながら週2出社・週3在宅の契約。環境があるために土日も深夜早朝も年末年始も仕事していたりして、まともに労働時間を計算したら相当な量になっていたけれど、猫を膝に仕事できるのはありがたかった。

一転して毎日出社の上度々出張に出かける生活になったためか、猫たちが甘えんぼに。膝の空く暇が無い。

一緒の時間が減って寂しいのはお互い様。だけど今後も食わせて行くために選択したことだから。

2008年12月18日

大連の子猫

大連駅前、勝利広場近くの売店にて、黒い子猫と出会う。

最初見た時は外。何でこんなところに子猫が状態。
昼飯を買いに出てたらしき店番のお姉さんが帰って来るとまとわりつき、一緒に中へ。どうやら飼われているらしいと理解する。

店の中には餌皿代わりの空き箱。
20081216_dalian_kitty2.jpg

抱っこさせてもらった。
20081216_dalian_kitty3.jpg 20081216_dalian_kitty4.jpg 20081216_dalian_kitty5.jpg

微妙にじたばた。
iPhoneでセルフ撮りは難しい。

2008年12月14日

大連の猫

大連駅前の交差点を渡った先。最初外で見掛けて1枚撮影。
近くの商店で買い物をしていると、ニャーの声。開け放してある入口から入って来て、挨拶してくれた模様。
ひとしきりニャーニャー鳴いた後、何もくれないとわかると出て行った。いや、だって、猫餌置いてないし。
夜は氷点下になる環境なので、間違いなく飼い猫。毛づやも悪くなかったし。

20081213_dalian_cat_1.jpg

20081213_dalian_cat_2.jpg

20081213_dalian_cat_3.jpg

2008年8月28日

Google Suggestで『ねこタン 盗用』が出る件

大洋図書『ねこタン』のネット画像盗用問題については、水面下で動いている方がいらっしゃるので、邪魔にならないよう言及を控えているけれど、もちろん忘れてなどいませんよ。

Vol.2が準備中であることも、「編集部の猫日記」が相変わらず全然更新されないことも、チェックしているし。

というような話を、風化させないために、前回のエントリから半年(もしくはVol.2刊行)のタイミングで書こうと思っていたのだけれど、旬のネタを拾ってしまったので、今書いてしまおうという話。


当ブログの当該エントリには今も「ねこタン 盗用」といったキーワードで検索して来られる方が1日数件ペースでおり、たまには大手出版社ドメインからのアクセスもあったりする。

そうした皆さんの検索行動の結果がこれ。

20080828_GoogleSuggest.jpg

cf. 「Google サジェスト」、グーグルのホームページ上でも提供開始


ゆっくり検索していってね!!

2008年8月25日

KILKENNYで一杯

とある探し物で酒売り場を回ったら、キルケニーのカスクフロー缶が登場していた。
ギネス(スタウト)よりもキルケニー(ビターエール)が好きな身としてはかなり嬉しい。

というわけでご機嫌な1枚。

20080825_0001.jpg

もちろん樽生よりは味が落ちるけど、ご家庭で飲めるのがありがたい。
というか最近、樽生だとサーブ温度が低めのところが多くて...。

自分の飲み歩く範囲で一番美味しくキルケニーを注いでくれるのは、渋谷のフォルチェ。煙草の煙が超苦手なので、最近は終日禁煙のオールゲイトに足を運ぶことが多く、ご無沙汰になってしまっているけれど、いい店。

2008年8月23日

渋谷猫同定作業

ここ暫くの撮影データから、渋谷の猫居酒屋近辺の猫の同定作業にトライしてみた。


室外機の横で昼寝中の母猫。8/21夕方撮影。
20080823_0001.jpg

子猫たち。8/21昼撮影。
20080823_0002.jpg

同じく子猫たち、8/21夕方。
寝顔はぷくぷくしているけれど、実は細面。目やにも結構出てる。
20080823_0003.jpg

久々に見た、母猫の兄弟猫。8/21夕方。
毛並みも乱れてて、遠出から帰ったところ?
20080823_0004.jpg


子猫が生まれる前、4/22撮影の2匹。今の母猫とその兄弟猫。
20080823_0005.jpg


子猫が生まれた少し後のエントリ。
猫居酒屋に子猫が生まれていた件 - Dun Cait
ここに写っている白黒ブチの猫は、
猫居酒屋の朝晩 - Dun Cait
の最後の1枚に写っているのと多分同じ猫。

今現在出入りの猫はこのぐらいなんですかね。


渋谷川の少し上流(渋谷駅方向)で見掛けたキジ。8/21夕方撮影。
遠目に見て毛並みが綺麗そうだったから、飼い猫?
20080823_0006.jpg


明治通りを渡ったところにある小さな公園で5/27に撮った、人懐こい三毛。
20080823_0008.jpg

古びた首輪をしていて、飼い猫とも捨て猫とも判然としない子だったのだが、今回画像を整理していて、1ヶ月前に渋谷川のほとりで見た猫だったことに気が付いた。

これがその画像。4/23に撮影したもの。
20080823_0007.jpg

どうやってあの昼も夜も往来の激しい明治通りを越えたのだろう。

5月から6月にかけて何度かこの公園に足を運んだ時はいつもいて、餌はそれなりに得られているようで、それは安心していたのだけど、ここ最近はタイミング悪く一度も見掛けていない。


ぽつりぽつりと視界に入る猫は癒しになるので、荒んだ野良猫ではなく、満ち足りた地域猫として、そこらにいてくれるといいなと思いつつ。